コンセントを抜く、とは言うけれど・・・

節約にはなるのだろうが

前に会社に勤めていたとき 全てのコンセントを抜く という決まりがあった するとどうだろう それを面倒くさがってやらなかった電化製品は長持ちし コンセントを毎日抜き差ししていた電化製品は 故障の連発

 

微弱な電気が流れている製品の電気を

いきなりゼロにして切ってしまうのだ

そりゃ機械の負担も大きい 機械の修理 数百円で済むわけもなく 数万円・・・

結局 コンセントはそのままで良い というお達しが出た 電化製品、恐るべし

それに節約できると言っても コーヒー分程度・・・

僕ならコーヒーを我慢してでも コンセントはそのままにしておく

「コンセントは抜いてはいけない」

という決まりが出来た

いやそれ普通やからw 「抜く」 「差す」 コンセントは通常 見えない場所に設置されている テレビの裏に手を伸ばして 埃だらけの手になって 下手したら感電w

そんな苦労までしたのに^^;

私はコンセントは抜かず

手を抜いたのでやっていなかったがm(__)m 見えない場所に差すときの怖さ 半端じゃない とくに会社のコンセントは 家庭用の何倍もの電気が流れている そ そ 即死だ

事実、ビリっときた奴もいた

コンセントを抜き差しする この手間は、このエネルギーは この恐怖は しかも一年分の コーヒーを我慢するほうがいい

おっと コーヒーを我慢すると言っても スタバや喫茶店に行って飲むのを我慢するということで ドンキホーテやドラッグストアで 1リットル78円のコーヒーを我慢するのではない それは 買って堂々と飲むのである

ようするに 外食でコーヒーを飲むようなことをしない 自宅で飲めばよい

話がコーヒーだけになってしまった

てへ (848)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク